【自分を見せる写真】証明写真の基礎知識を知ろう
ロゴ

MemoriesPhoto.net

最高の証明写真で自分をアピールをしよう!

【自分を見せる写真】証明写真の基礎知識を知ろう

カメラマン

照明写真が必要な場面

証明写真の必要な場面というのは、意外とあります。履歴書はもちろん、パスポートや運転免許証、写真付きのマイナンバーカードを作成する場合も必要です。その証明写真を撮る方法は2種類あると言われています。

証明写真は何処で取れば良い?

証明写真を撮る方法は2種類あります。1つ目が証明写真機、2つ目がフォトスタジオです。各種類によってメリットが異なります。そのメリットについて説明していきましょう。1つ目の証明写真機ですが、よくスーパーの隅っこやデパートの中で見かけたことがある人も多いでしょう。コレは急いでいる方でもすぐに撮影できるのでとても便利です。特に履歴書が必要な求職者にはオススメです。続いて2つ目のフォトスタジオのメリットを紹介しましょう。専門のプロが技術をフルに使って、綺麗で美しく撮影してくれるのがメリットです。「こうした方が良い」「顎をもっと引いて」など証明写真機と違いアドバイスをリアルタイムでしてくれるので助かります。

写真写りがよくなる方法

写真写りをよくするためのポイントとしていくつかあります。フォトスタジオでも細かくアドバイスしてくれますが、基本的なポイントをマスターすることが大事です。そのポイントは3つです。「目を大きく」「二重あごやたるみを隠す」「髪型のチェック」です。最初の「目を大きく」という事は、シャッターの際に半目になるケースがあるので、大きく見せるように心がけてください。ただ大きく見せるようにして、目をガッツリ開くと不自然です。なので意識としては目をしっかり開くということをイメージすると良いですよ。続いては「二重あごやたるみを隠す」です。印象が変わるため背筋を伸ばして、顎を軽く引き撮影をしましょう。その際には指でたるみチェックをしておきましょう。最後に「髪型のチェック」に関してですが、顔の印象は髪型でも決まってきます。なので、髪型には注意してください。目に髪の毛が掛かっていたり、ボサボサヘアーですと印象はマイナスになります。証明写真は、顔を見せる写真です。だからこそ、ちゃんとした顔写真を写す必要があります。この3つのポイントを覚えておくことでフォトスタジオでも、証明写真機でも写りがよくなるでしょう。

証明写真は自分の宣伝ポスター!

証明写真は、自分という人を相手に見せるための証拠の写真です。スマホやデジカメで撮った写真と違い、正式な場所で使われることが多いです。まるで自分宣伝ポスターです。相手にとって好印象になるような写真を撮れるようにポイントを押さえておきましょう。

ポイントを守って普段の2倍よく写ろう!

上記で紹介したポイントなどは、自分を綺麗に写すためのポイントです。でもフォトスタジオでは、細かなポイントをアドバイスしてくれます。ポイントを自分でも押さえつつ、プロのアドバイスもしっかり受け止めてください。

広告募集中